メットライフドームは雨天の場合、試合中止?雨に濡れる?必要な対策はコレ!

野球の試合は球場やドームなど行われる場所によって天候の影響を受けます。ドームであれば雨天でも開催されますが、ドームの形状によっては雨で濡れる場所もありますので、雨天対策は知っていて損がない情報だと思います。

梅雨の時期や台風がよくくる時期になってきましたので、これから野球観戦を考えている人には必見の情報です。今回は、メットライフドームでの野球観戦において、雨天の場合の試合開催について、雨で濡れる場所、雨対策についてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

メットライフドームでの野球観戦で雨天の場合、試合中止になる?

西武ライオンズの本拠地であるメットライフドームは、ドーム型の球場でありながら、完全に覆われた形ではありません。他のドームとは異なり、元からあった西武球場に後から屋根をつけた形なので、壁面がない構造で、スタンドと屋根の間は外に開いた状態になっています。

そのため、雨や雪、風が吹き込みやすいです。逆に夏には熱気が入り込むため、野球ファンの間では「過酷」なドームとして有名でもあります。スタンドと屋根の隙間からボールが飛び出す「ドームなのに場外ホームラン」という現象も起こります。

そのため、ドームだから雨天中止はありえないという考えは通じません。実際に今まで雨天中止となった試合もありますし、試合が途中で中止となったケースもあります。また、天候が非常に悪い場合には、来客する観客の交通事情を考慮して中止となる場合もあります。

 メットライフドームは、西武線西武球場前駅が最寄りで、駅から直結のドームです。電車で訪れる人が多いのも特徴です。そのため、悪天候などで交通手段に障害が発生したときも中止になる場合があります。観客の移動が制限されてしまったり、選手自身が球場に到着できないことがあるためです。

 雨天中止となった場合には、購入済みチケットの払い戻しが可能ですので、公式ホームページで払い戻し方法を確認し、払い戻しを行ってくださいね。

メットライフドームで雨天の場合、雨に濡れる?

メットライフドームは、元からあった西武球場に後から屋根をつけた形なので、壁面がない構造で、スタンドと屋根の間は外に開いた状態になっています。そのため、雨が降れば雨が吹き込みますし、夏には熱気、冬には雪や冷たい風が吹き込みやすいです。

夏は暑さ対策・冬には寒さ対策が必死のドームです。また周囲が木々に覆われている自然の中にあるドームのため、夏には虫や鳥が入り込んできます。試合中に選手たちも苦労していることがあるようですよ。

メットライフドームはドームを一周する通路が上部に設けられているため、基本的にその通路の内側にある座席は濡れることはほとんどありません。内野指定席でも外野席でも、雨を気にせず観戦することができます。

ですが、台風のような風が強い日などはまれに、上段通路側にある最上部の座席に雨が吹き込んでくることがあります。風の強い日は、最上部の座席は避けたほうが無難かもしれません。

雨が降った日に濡れる場所は、通路に設けられている飲食店や、トイレの周辺です。特に大雨の日には足元がぐっしょりと濡れてしまうこともありますので、気をつけてくださいね。

最上部の通路側ではなく、内野指定席付近の建物内にもトイレはあるのですが、雨の日は特に混み合いますので、余裕を持って行動することをおすすめします。

スポンサーリンク

メットライフドームでの野球観戦時の雨対策

 内野指定席でも外野指定席でも、座席に座って観戦する場合には、特に雨対策の必要はありません。最上部の通路から離れた席であれば、風が強い日であっても雨が吹き込んでくることはあまりありませんから、そこまで心配しなくても大丈夫です。

ですが、座席から離れて通路から立ち見をしたり、飲食店で買ったものを食べながら歩いたりする際には、雨対策が必要です。屋根とスタンドの間には隙間があるので、そこから風と共に雨が吹き込んできます。

台風などの悪天候の日には、最上部の席にも雨がかかることがありますので、そのような座席に座る人は、ポンチョや雨合羽があると良いでしょう。

 またゲート入り口から屋根はありますが、座席まで移動する通路は雨に濡れることが多いです。座席に着くまでに濡れてしまうこともありますので、小さなお子様などは、はじめからポンチョなどを着せておくと安心かと思います。そして基本的に座席での傘の使用は禁止となっていますので、注意が必要です。

 試合観戦中はそこまで雨の心配はなくとも、移動や行き帰りの際に雨に濡れることはあると思いますので、荷物が増えてはしまいますが、荷物を入れるビニール袋、タオル、ポンチョや雨合羽、替えの靴下などを持参しておくと安心して野球観戦を楽しめるかもしれませんね。

まとめ

メットライフドームでの野球観戦において、雨天の場合の試合開催について、雨で濡れる場所、雨対策についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 梅雨の時期や台風が多くなってくるシーズンですので、雨対策は常に準備しておくと便利ですよね。真夏の場合には、雨対策と共に熱中症対策・暑さ対策も合わせて行ってくださいね。メットライフドームは夏は本当に暑さとの戦いになりますので、十分すぎるほどの対策をおすすめします。

 準備をしっかりと行い、安心して野球観戦を楽しんできてくださいね。

野球観戦についてお役立ち情報を次の記事にまとめてあります。参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする