宛名を旧姓で実家に送ってもいい?それとも「様方」?正しい書き方はコレ!

結婚や引っ越しなどで住所や氏名が変わったときの郵送については悩むことがありますよね。特に女性は多いかもしれません。

郵便の転送サービスもありますが、必ずしも相手側が手続きを取っているとも限りませんし、1年間という期間が決まっているサービスのため、なるべくなら正しい住所や氏名を記載して、郵送手続きを取りたいものです。

そこで今回は、実家へ帰省している友人へ送る郵便の宛名の書き方において、宛名を旧姓にして実家に送っていいのか、旧姓の使用や様方の使用、気をつけるべきポイントなどをご紹介します。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

宛名は旧姓で実家の住所に送るべき?

出産の里帰りや長期帰省している友人に何か郵便を送りたいとき、住所や宛名の書き方に悩むことがありますよね。

期間限定の帰省中の場合には、住民票は現住所にあるでしょうから、基本的には実家に居候をしているという状態になります。この状態で何か郵便を送ると、転送手続きを取られてしまい、おそらく現住所宛の荷物として処理されてしまう可能性が高いです。

郵便の転送を回避し、実家にいる友人本人の手元に確実に郵便が届くようにするためには、宛名の書き方に注意が必要です。宛名の書き方としては、「送りたい先の住所」「その住所に住んでいる世帯主の氏名」「友人の氏名」という情報が必要になります。

「送りたい先の住所」は実家の住所、「友人の氏名」は新姓での氏名で問題ありません。具体的には、以下のように宛名を書くと良いでしょう。

〒123-4567 ××県××市××町1丁目2-34  ※実家の住所を枝番まで正しく

○○ ○○様方  ※世帯主の名字(表札の名字)

△△ △△様   ※友人のフルネーム

郵便局の方の判断で宛先不明で差し戻しになってしまう場合もあるようですが、基本的に上記の情報の記載があれば、郵便は無事に届けられることが多いですよ。

結婚後の姓で送る場合、宛名は旧姓に様方?または、気付?

郵便を送る際に「様方」や「気付」を氏名の後ろにつけることがありますよね。あまり気にしたことがないという方も多いと思いますが、それぞれ使用する際にはルールがありますので、一度おさらいしておくと、今後使用する際に便利かもしれません。

まず、「様方」という宛名の利用方法です。様方は個人宅等に身を寄せている人が宛先の場合に使われます。例えば○○様方△△様と宛名書きをします。気付は個人宅には使いませんので、様方とはその点が異なる点ですね。

二世帯住宅など宛先のポストなどに○○さんと△△さんが両方とも掲示されていたら様方と書かなくても郵便は届きますが、ない場合は、宛先不明で発送元に戻ってしまうこともあります。

対して、「気付」の利用方法です。気付は連絡先の宛先の一つですが、「その組織や団体に所属していないけれど、そこにいる人」に対して使います。具体的には、ホテルに泊まっている場合、結婚式の祝電を送る場合などに使われます。

ホテルに泊まっている場合は、「△△ホテル フロント気付 ○○(宿泊者名)行(様)」となります。その施設の利用者宛で送る場合に、その施設の人に「施設利用者宛です」と伝えるのが気付という宛名ということになります。

よって、実家に帰省している個人宛てに何か郵便を送る際には、「様方」を利用するようが正しいということになりますね。

スポンサーリンク

宛名に旧姓を書く時の書き方

郵便を受取る側が、郵便局に提出する転居届にある「転送者氏名」の隣に「旧姓」を記入していた場合には、旧姓でも郵便は届きます。

ですが、友人が結婚をして、名字が変わっていることを知っているのであれば、結婚後の名字で宛名を書くのが妥当です。旧姓で出すことが失礼にあたる場合もありますから、新姓で宛名を書いて郵便を送りましょう。

どうしても旧姓を利用したい場合には、新姓の後ろにカッコ付で旧姓を書くこともできます。具体的には、「○○ ○○様(旧姓△△)」となります。そのように宛名を書いても郵便は届きますが、あえてそのようにしなくとも「様方」を使用すれば確実に郵便は届きますので、やむを得ない事情がある場合以外は避けたほうが無難でしょう。

旧姓を使用せずに書く場合の宛名の書き方としては、「送りたい先の住所(実家の住所)」「その住所に住んでいる世帯主の氏名(友人の父親や母親の氏名)様方」「友人の氏名(新姓)様」となります。

郵便の転送のルールや、宛名の書き方については悩むことがありますよね。確実に郵便が届くように、宛名を書く際には事前に書き方をしっかりと調べて、宛名不明で戻ってきてしまわないように注意しましょう。

まとめ

さて、今回は、友人へ送る郵便の宛名の書き方において、旧姓の使用や様方の使用、気をつけるべきポイントなどをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

これからは年賀状の作成・郵送の時期がやってきますよね。お正月に実家に帰省している友人宛てに送るケースも多いと思います。せっかくの年賀状ですから、新年1日に確実に友人の手元に届くように、宛名の書き方は間違えないように注意してくださいね。

年賀状の宛名印刷のみコンビニでできる?その他の印刷できるサービス!

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする