長崎ランタン2019の期間!今年の見どころと効率的な回り方!

長崎ランタンフェステイバルが、今、長崎の冬のイベントとして人気を集めていますね。長崎ランタンフェスティバルは、中国の旧正月を祝うお祭りなんですよ。

近年では、認知度も上がり多くの観光客で盛り上がり 長崎最大の冬のイベントとなってしまったというから驚きです。

でも、初めて行くイベントだと期間中の見どころがわからなかったり、土地勘がなく無駄に歩き回るってこともありますよね。

そこで、初めて長崎ランタンフェステイバルに行ってみようと思っているあなたに、長崎ランタンフェステイバル2019の期間や見どころ、各会場の回り方を地元に住む私が経験をもとにご紹介します。

2019年の開催期間や、長崎ランタンフェステイバルに行ったことがあるからこそわかる期間中の見どころや回り方を掲載しますので、是非、あなたのご旅行の参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

長崎ランタン2019の期間

2019年2月5日(火)~2019年2月19日(火) 15日間

長崎ランタンフェステイバルは旧暦にあわせて 毎年、開催期間が変わります。2019年長崎ランタンフェステイバルの期間は、2019年2月5日(火曜日)から2019年2月19日(火曜日)までの15日間です。

2月5日の17時半からの春節礼祭の点灯式が新地中華街会場と中央公園会場で行われますが、この点灯式から15日間の長崎ランタンフェステイバルが始まります。午後6時に長崎の町のランタンに一斉に灯りが灯る光景は本当に素晴らしいですよ。

長崎ランタンフェステイバルは期間中に7つの会場でそれぞれのイベントが行われています。イベントは平日は夕方から、土日祝はお昼ごろから始まります。ランタンに灯りが灯る光景を是非見ていただきたいので、朝早くから出かけるより、午後からゆっくり出かけて夜のランタンに灯りが灯った長崎の風景を堪能してください。

県外から長崎観光に来られる場合は、午前中に市内の平和公園や原爆資料館、グラバー園などを見学しておくとよいでしょう。

長崎ランタンの見どころ

  • 点灯式
  • 夜の色とりどりの灯りが灯ったランタン
  • 唐人屋敷での「ロウソク祈願四堂巡り」
  • 中国変面ショー
  • 中国雑技

点灯式

15日間も開催される長崎ランタンフェステイバルですが、ズバリ見どころはというと、点灯式が一番盛り上がり、見応えがありますね。

今年の点灯式は平日の火曜日になりますが、混雑が予想されます。新地中華街会場で行われる点灯式は会場内が人で埋め尽くされますよ。

長崎の町を彩る夜のランタン

他には、長崎の町を彩る夜のランタンです。昼間のランタンは見てもふ~んという感じですが、夜のランタンはすごくきれいで感動します。

長崎ランタンフェスティバルの会場では赤、黄色、桃色と3色のランタンを見ることが出来ます。

赤のランタンは市内の至る所で見ることができますが、黄色のランタンは中島川の眼鏡橋付近で、桃色ランタンは銅座川のみで見ることが出来ます。お見逃しなく!

ロウソク祈願四堂巡り

その他の見どころは、唐人屋敷での「ロウソク祈願四堂巡り」。「士神堂」「天后堂」「観音堂」「福建会館」の四堂をまわり火を灯したロウソクをお供えすると願いが叶うといわれています。

唐人屋敷の街並みや四堂の雰囲気がもはや異国情緒たっぷりで魅力的ですよ。

唐人屋敷のロウソク祈願四堂巡りについては次の記事を参考になさってください。

ランタンフェスティバルの唐人屋敷会場のロウソク四堂巡りとアクセス方法

孔子廟の中国変面ショー

もう一つ、忘れていけないのが孔子廟!普段は、入場料がかかるので入ることはありませんが、長崎ランタンフェステイバル期間中の午後5時以降なら無料で中に入ることが出来るんです。5時までに孔子廟に入る時は、通常と同じく入場料600円がかかります。

孔子廟会場での一番の見どころは中国変面ショーです。一瞬で顔の面が変わる様は圧巻ですよ。孔子廟での変面ショーについては下記の記事を参考になさってくださいね。

孔子廟の長崎ランタン祭りの見どころの変面ショーの中身とアクセス方法

中国雑技

その他、私が好きで必ず見に行くのが、中国雑技です。椅子を高く積み上げてステージの天井に届くところで演技をする中国雑技団はスリルと楽しさもあるショーです。

スポンサーリンク

長崎ランタンの回り方

  1. 中央公園会場・・・皇帝パレード、中国雑技
  2. 中島川公園会場・・・黄色のランタン・眼鏡橋
  3. 浜ん町会場・・・ランタン・オブジェ
  4. 唐人屋敷会場・・・ロウソク祈願四堂巡り
  5. 新地中華街会場・・・龍踊り
  6. 孔子廟・・・中国変面ショー

長崎ランタンフェステイバルの会場は全部で7会場ですが、全て、歩いて回ることが出来ます。

会場から会場までが徒歩5分から15分圏内にありますので、自分が見たいイベントをピックアップし最短の移動ルートを見つけると良いでしょう。

例えば、2月9日土曜日に長崎ランタンフェスティバルに行くとして回り方を考えてみましょう。

長崎ランタンフェスティバルのパンフレットはこちら

この日に私が必ず見たい場所やイベントは、「皇帝パレード」「中国雑技」「龍踊り」「ロウソク祈願四堂巡り」「中国変面ショー」です。

12:00~16:00 中央公園

一番最初に行く場所は中央公園です。中央公園にはお昼過ぎには行き、会場内には長椅子が並べられているので座る場所を確保しておきましょう。屋台もたくさんあり昼食を取りながら14時からの皇帝パレードが始まるのを待ちます。かなりの混雑すると思うので良く見える場所を確保しておきましょう。

皇帝パレードを見たら、そのまま、15時から始まる中国雑技を見ます。ここでは、中国雑技が1時間たっぷりみることができます。他の場所だと20~30分で終わってしまうので中国雑技をゆっくり楽しみたいなら中央公園が良いですよ。

ランタンフェスティバル皇帝パレードのルート!穴場情報と詳しい時間!

16:00~ 中島川公園散策

4時まで、中央公園で中国雑技をみたら、中島川公園へ移動しましょう。中央公園から中島川公園まで徒歩5分。この時間はまだ明るい時間なので、中島川公園の黄色いランタンに灯りが灯っていないのが残念ですが、眼鏡橋を見物するのによいですよ。

そこからは長崎ランタンフェスティバルのオブジェやランタンを至る所で眺めながら、浜ん町会場を通り抜け、唐人屋敷会場まで行きましょう。中島川公園から約20分ほどで唐人屋敷会場に到着します。

16:50~ 唐人屋敷

唐人屋敷会場では、ロウソク祈願四堂巡りで四堂をまわりお祈りします。四堂を回るのに30分もあれば回れるでしょう。

17:50~ 新地中華街会場

唐人屋敷会場からメイン会場でもある新地中華街会場へ移動します。ここでは、17時50分からの龍踊りを見ます。長崎と言えば龍踊りですよね!17時頃には新地中華街会場に到着できると思うので、座れる場所を探しつつ屋台で小腹を満たしておくのも良いかも。

この時間の新地中華街会場はメイン会場でもあることからかなり混雑しています。座る場所を確保できれば良いですね。とにかくステージに近づくように会場内へ進んでいくと良いでしょう。

19:20~ 孔子廟

龍踊りを楽しんだら、次に向かうのは孔子廟です。孔子廟はこれから行く時間なら入場料が無料です。さらに、中国変面ショーを2回見ることが出来ます。

19:20からの中国変面ショーですが、かなり人気のイベントですので早めに行って場所を取っておくと良いですよ。

中国変面ショーが終わるのが、20時35分。後は、新地中華街会場に戻るのも良し、中島川公園の黄色のランタンを見にお散歩しても良さそうです。ランタンは22時まで点灯していますよ。

まとめ

長崎ランタンフェステイバル2019の期間

  • 2019年2月5日(火)~2019年2月19日(火) 15日間

長崎ランタンフェステイバルの見どころ

  • 点灯式
  • 夜の色とりどりの灯りが灯ったランタン
  • 唐人屋敷での「ロウソク祈願四堂巡り」
  • 中国変面ショー
  • 中国雑技

長崎ランタンフェステイバルの回り方(2月19日の場合)

  1. 中央公園会場・・・皇帝パレード、中国雑技
  2. 中島川公園会場・・・黄色のランタン・眼鏡橋
  3. 浜ん町会場・・・ランタン・オブジェ
  4. 唐人屋敷会場・・・ロウソク祈願四堂巡り
  5. 新地中華街会場・・・龍踊り
  6. 孔子廟・・・中国変面ショー

長崎ランタンフェステイバル2019の期間と見どころ、さらに回り方をご紹介しました。ぜひ 長崎ランタンフェスティバルのご旅行の参考になさってくださいね。

長崎ランタンフェスティバルは一年でもっとも寒いといわれる1月下旬から2月下旬まで行われることが多いので 寒さ対策はばっちりしていってくださいね。特に、夜の散策をおすすめしますが、夜は一層冷え込みますよ。

温かいものを食べたり飲んだりしながら歩くと体も暖まって良いですよ。長崎ランタンフェステイバルで中国の旧正月を楽しんでくださいね。

長崎ランタンフェスティバルに便利なホテルを下記の記事で紹介しています。参考になさってくださいね。

長崎ランタンフェスティバルに便利なホテル3選!便利で格安ホテル3選!

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする