東京ドームの当日券は買える?販売時間と売り場はこちら!

オープン戦も架橋を迎え、いよいよシーズン開幕が迫ってきましたね。待ちに待った野球のシーズン突入です!現地に足を運び、応援しているチームのグッズを身に着けて、応援歌を歌いながらバルーンを飛ばすと、会場が一体になって盛り上がれますよね。私も開催が待ち遠しいです!

東京ドームでの野球観戦は天候に左右されませんし、駅からも近くアクセスしやすいので足を運びやすいですよね。

今回は東京ドームでの野球観戦に関する情報のうち、当日券の購入、販売時間、売り場の場所についてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

東京ドームの当日券は買える?

仕事帰りにふらっと足を運んでみる時や急に思い立った時に当日券は便利ですよね。野球観戦は前売り券やシーズンチケットが定番ですが、当日券の発売もあります。

東京ドームでの野球観戦も、その日のチケットが売り切れていなければ当日券の販売がありますので、安心してください。

 当日券の販売は基本的にどの試合でも行われますが、試合の人気度によってチケットが残っている場合と残っていない場合があります。開幕戦や優勝がかかった試合、ゴールデンウィーク中の試合、注目カードの試合などは事前販売の段階でチケットが売り切れてしまうことが多いため、当日券の購入は難しいと考えたほうがよいでしょう。

平日に開催される試合やイベントがない日の試合の場合には当日券が販売されていることが多いですよ。

 当日券として販売される席は事前販売で余った座席が販売対象となりますので、指定席を購入する際にはあまり良い席は期待できません。団体客の間の1席や一番端の見づらい席などになる場合もありますから、ゆったり観戦をしたい人にはおすすめできません。

ゆったり観戦がしたい人におすすめの席は「立ち見席」です。座席がない分チケットの金額も安く、当日券として販売される枚数が多い席です。自分の見やすい位置で観戦することができるので、一人でふらっと野球観戦に行く人には観戦しやすい席ですよ。

東京ドームの当日券の販売時間

 当日券の販売は東京ドームにある当日券売り場で、10:00~試合の6回裏の時間まで行われています。試合前に購入することもできますし、試合中の展開を見て、最後の3回ほどを観るために購入する、ということもできますよ。

平日であれば仕事終わりにふらっと寄って、試合の終盤だけ観ることができるのも当日券の嬉しいところですね。

 試合の人気度にもよりますが、基本的に「立ち見席」であればまず売り切れることはありませんので、どの時間に行っても購入自体は可能です。ですが立ち見席の場合には良い席を確保するために、入場の際にも待ちの行列ができますから、その点も考慮して当日券を購入する時間を決めると良いですね。

日曜日の試合の際には、午前中に待ち行列に並ばないと良い場所は確保できない可能性が高いですから、当日券売り場が開く10時すぐに購入列に並びチケットを手に入れておくことをおすすめします。

特に座席にこだわりがない方は試合開始の1時間前に当日券売り場を訪れても十分試合には間に合うと思います。

公式ホームページでチケット販売状況の確認をすることができますから、事前に自分が希望する席のチケットが残っているのかどうかチェックしてから行くと、当日券の購入がスムーズになりますよ。

スポンサーリンク

東京ドームの当日券売り場

 東京ドームのチケット売り場は、東京ドーム正面玄関近くに二箇所設置されています。一方の売り場は「チケット前売り所」、もう一方が「当日券売り場」です。建物の上部に大きく売り場名が書かれていますので間違えることはないかと思います。

 東京ドームには各入口にゲート名がふられており、ゲート名で場所を判断できます。チケット売り場は「ゲート22」の前に設置されていますので、場所がわからなくなった場合には、「ゲート22」を目指すと良いですよ。

 電車で東京ドームに来られる方は水道橋駅を利用すると、当日券売り場のあるゲート22まで行きやすいです。駅からドーム方向に歩いていき、東京ドームシティのゲートをくぐってからは直進すると到着できます。

後楽園駅を利用すると、ドームを目の前にして真裏側がゲート22にあたりますので、ドームに沿ってぐるっと廻る必要があります。ちょっと遠回りになりますので、早めに当日券売り場に着きたい方は、水道橋駅を利用されると便利です。

 当日券売り場には窓口が4つ設けられており、それぞれに購入の列ができます。混んでいる場合には列を整理してくれる警備員さんがいますので、その方の指示に従って列に並びましょう。

チケット種別によって列が分かれているわけではありませんので、基本的にどの窓口の列に並んでも大丈夫です。

まとめ

東京ドームでの野球観戦に関する情報のうち、当日券の購入、販売時間、売り場の場所についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

現地で生観戦する野球は、家でテレビで観るのとは雰囲気がまた違いますよね。ビール片手に観戦するのも良いですね。仕事終わりにリフレッシュのためにふらっと球場に寄りたくなること、土曜日の試合をテレビで見て翌日に野球観戦に行きたくなること、あると思います。

そんな時、当日券はとても便利です。良い展開になった試合終盤の美味しいところだけ楽しめる当日券をぜひ利用してみてくださいね。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする