東京ドームで野球観戦の時の手荷物検査って?持ち込み禁止はどんなもの?

読売巨人軍のホーム球場といえば、東京ドームですよね。動員数も多いため、野球の応援もとても盛り上がって他の球場とはまた違った雰囲気があります。

音楽ライブなどで東京ドームに足を運ばれたことがある人も多いと思います。ライブの時もそうですが、入場する際には必ず手荷物検査がありますよね。野球の試合の時も同様に、手荷物検査があります。

そこで今回は、東京ドームでの野球観戦おいて、手荷物検査はどんなことをするのか、拒否したらどうなるのか、持ち込み禁止のものはなにかについてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

東京ドームで野球観戦の時、手荷物検査はどんなことをする?

野球観戦で球場に足を運ぶ際には、入場時に必ず手荷物検査があります。それは東京ドームに限らず、メットライフドームや神宮球場でも同様です。

手荷物検査のやり方はどの球場もほとんど同じように行われますが、東京ドームは中でも厳しいと言われています。それは持ち込みが禁止されているものが他よりも多いという点が影響しています。

入場ゲートに行くと、いくつか入場の列ができていますので、そこにチケットを手にして並びます。まずチケットを見せるとその奥に係員がいますので、持っているカバンの中身を見せます。

ガバっと口が開くリュックやバッグであれば係員の方も目視で危険物の有無を判断してくれます。ですが、中身が見づらいカバンの場合には、係員の方が中に手を入れて荷物の中を確認することがあります。

自分の荷物に手を入れられたくないという人は、口が大きめのリュックなどを予め選ぶと良いでしょう。その場で危険物やビン・缶などの持ち込み禁止のものが見つかった場合には、その場で没収となるか、処分についての相談をされることになります。

基本的に手荷物の中身を確認するのみの検査で終わりますが、社会情勢に対応して、警備強化としてボディチェックや金属探知器による検査等を実施する場合もありますよ。

野球場の手荷物検査を拒否したら?

入場時の手荷物の検査を拒否した場合には、入場をすることはできません。それは東京ドームの公式ホームページのご来場注意事項にも記載されています。

入場をお断りする方として記載されているのは

「暴力団やこれに類する反社会的団体所属者及びこれらと密接な関係を有する者」

「主催者、東京ドーム、プロ野球暴力団等排除対策協議会が入場を禁止し、もしくはお断りした方」

「正規の入場券を提示しない方」

「ご入場時の手荷物検査にご協力いただけない方」

「著しく酒気を帯びた方」

「その他『試合観戦契約約款』に定められた入場拒否対象者、主催者、東京ドームが入場拒否を相当と判断した方」です。

入場時に荷物のチェックを拒否したり、入場する前にお酒を浴びるほど飲んでいる人は、当日の観戦チケットを持っていたとしても入場は許可されませんので、注意が必要です。

私は今まで何度か野球観戦に足を運んでいますが、入場時に手荷物の検査を拒否する人は見かけたことはありません。

他人に自分のものを触られるのがどうしてもイヤな方や、壊れるのを避けたい貴重品を持っている方などは、予め荷物をどこかに預けるか、もしくは野球観戦には持ってこないことが最適かと思います。

スポンサーリンク

東京ドームで野球観戦の時、持ち込み禁止のものは?

 東京ドーム内に持ち込みが禁止されているものは以下のとおりです。

「銃砲刀剣類、花火、爆竹、劇薬物、その他危険物」

「他のお客様に迷惑を及ぼす虞のあるもの(著しい悪臭を放つ物、大音響を発する物等)」

「ビン、缶、ペットボトル類(凍らせたもの・500mlを超えるもの)」

「アイスボックス類」

「過度な座席確保を目的とする物」

「自席範囲を超えるサイズの大きなお手荷物」などです。

東京ドームを始め、スポーツが行われる規模の大きいドームや球場では、ビン・缶の持ち込み規制を行っているところがほとんどです。ビンや缶は危険物にあたりますので、基本的にどこに行っても持ち込めない・入場時に指摘され回収されると覚えておいたほうが良いですね。

また、東京ドームではペットボトルのサイズにも規定がありますから、持参する際には容量を一度確認しておくと安心です。

アルコールやジュースなどの缶を持参した場合には、入場時に設けられる「ビン・缶移し所」で専用の紙コップへの移し替えが必要です。そのまま没収されるのではなく、移し替えて中身は持ち込むことができるのは、良いですよね。

隠して持ち込もうとしても、手荷物検査の際に必ず見つかってしまいますから、予め持ち込み禁止のものを持ち込んでいないかどうか、確認をしておきましょう。

まとめ

さて今回は、東京ドームでの野球観戦おいて、手荷物検査はどんなことをするのか、拒否したらどうなるのか、持ち込み禁止のものはなにかについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 野球観戦に来る人は何万人規模ですが、入場ゲートでは必ず全員の手荷物の検査が実施されます。多くの係員さんが流れ作業でなるべく時間をかけないように工夫していますので、スムーズな入場になるよう、協力しましょう。

カバンの中身は詰め込みすぎると確認に時間がかかりますから、必要最低限の荷物で観戦に行くことをおすすめします。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする