東京ドームの野球観戦に赤ちゃんを連れて行っても良い?ベビーカー持込や授乳室は?


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

家族で野球観戦いいですよね。お父さんお母さんはビール片手に盛り上がって、小さいお子さんはワンピースみたいに大きいユニフォームを着て必死に応援する、そんな光景をよく見ます。

中には1歳に満たない小さなお子さん連れの方も多くいますよね。お子さんを連れて長時間のお出かけとなると、ベビーカーや授乳スペースなど気にかけなければならないことが多々ありますよね。

そこで今回は、東京ドームでの野球観戦において、赤ちゃん連れでも大丈夫なのか、ベビーカの持ち込み、授乳室の有無をを中心にお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

東京ドームの野球観戦に赤ちゃんを連れて行っても良い?

 赤ちゃんを連れて野球観戦に来ている家族は思っているよりも多いです。一般の指定席にもいますし、団体で利用できるボックスシートでも見かけます。どちらかというと周りの観客に気兼ねなく観戦できるボックスシートを利用する家族が多いような印象です。

3歳未満のお子様はチケットが不要のため、座席の確保もできません。そのため一般席の場合だと常に保護者が抱っこするか膝の上に乗せるかして観戦しなければなりません。野球は長時間になりますから、保護者の負担軽減のために比較的自由に利用できるボックスシートを活用する赤ちゃん連れ家族が多いのかもしれませんね。

 東京ドームの4Fには「ジャビットの部屋」というキッズスペースが設けられています。未就学児のみが利用できるスペースで、専任のスタッフが2名常駐している安心して遊ばせられる場所です。

赤ちゃんがぐずったり、少し休ませたいときにはこのスペースを利用されると良いと思います。ここには小さめですがモニターも設置されていますので、試合の状況も確認することができますよ。

 東京ドームは人が多く、音も大きい場所ですから赤ちゃんを連れていくかどうかは賛否あると思います。ゆったりと観戦できる席の確保や、赤ちゃんがリラックスできる場所の確認などを事前にしたうえで、家族みんなで野球観戦を楽しめると良いですね。

東京ドームの野球観戦にベビーカーは持ち込みできる?

 小さなお子さんのお出かけに欠かせないのがベビーカーですね。野球観戦に行く場合には荷物も多くなると思いますから行き帰りにないと困りますよね。野球は長時間にもなりますから帰りはきっと寝てしまうお子さんも多いと思います。

 東京ドームでは、ベビーカーでの来館は可能ですが、客席エリアへの持ち込みは禁止されています。ベビーカーの預かりサービスがありますので、そのサービスを利用してください。客席エリアでは抱っこ紐があると便利ですよ。

 ドーム内に入場する際に手荷物検査があります。そこにベビーカーを持っていくと係員の方からベビーカー預かりサービスの案内がありますので、指示に従ってください。

ベビーカーを預けるのにお金はかかりません。預けたゲートの番号と品名を書く預り証を渡されてますので、その控えの紙は無くさないように注意してくださいね。帰る際には預けたゲートと同じ所へ行き、控えの紙と引き換えにベビーカーが返ってくるサービスです。

自由なスペースに置くだけではなく、きちんと管理して預かってくれるので盗難や破損の心配がないのが嬉しいですね。

 また、東京ドーム内では使用できませんが、東京ドームシティではベビーカーの貸出サービスもあります。野球観戦のあとに食事に行ったり、アトラクションを楽しんだりする際にベビーカーが必要な場合には無料で借りることができますので、ぜひご利用ください。

スポンサーリンク

東京ドームに野球観戦に行く時、授乳室はありますか?

 東京ドーム内で客席エリアにある授乳室は1ヶ所です。東京ドーム内のV字階段下の1塁側にあります。こちらには授乳できる椅子と荷物置き場、オムツ替えスペースが完備されています。

初めて行く方は場所がわかりにくいと思いますので、事前に公式ホームページで場所の確認をしておくことをおすすめします。また1ヶ所しかないため、多くの人が利用し混雑します。時間に余裕を持って行動する方が良いでしょう。

また、この授乳室には電子レンジやミルク用のお湯はありません。お湯は自宅から持参してくださいね。

 その他の授乳室は、東京ドーム4Fにある「ジャビットの部屋」というキッズスペースの中にあります。カーテンで仕切られた個室型の授乳室が2部屋設けられています。こちらは授乳できるイスと荷物置き場、オムツ替えベッド、ゴミ箱が完備です。

試合中はジャビットの部屋を利用する未就学児さんが多いので、こちらの授乳室も混雑しがちです。ただし待ち時間にキッズスペースで遊べたり、モニターで試合観戦ができるので、こちらの方が利用はしやすいかと思います。

 自分の観戦する座席から近い位置にある授乳室がどちらなのかを事前に知っておくと、当日困らずに済むと思います。

まとめ

東京ドームでの野球観戦において、赤ちゃん連れでも大丈夫なのか、ベビーカの持ち込み、授乳室の有無を中心にお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんを連れて長時間のお出かけは色々と事前に準備が必要ですよね。東京ドームは赤ちゃん連れのためのサービスが豊富な施設ですから、何か困ったことがあった場合には近くにいるスタッフに声をかけると、的確なアドバイスをもらえると思いますよ。

ぜひ家族みんなで気持ちよく野球観戦を楽しんでくださいね。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする