メットライフドームの芝生席ってどんなとこ?指定席は?トイレに便利な席はココ!


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

野球のシーズンも後半戦を迎え、盛り上がってきましたね!ドラフトで注目されていた選手や移籍で異動した選手もだんだんとチームに馴染んできて、ようやくそれぞれのチームも色が出てきたように思います。

野球の応援で一番盛り上がる席は芝生の外野席ですよね。球団指定の応援団が陣取る場所でもありますし、観客が一体となって応援する席は、一度は体験してみる価値がありますよ。

今回はメットライフドームでの野球観戦において、芝生席について、仕切りはあるのか、指定席はあるのか、また、トイレに近い席の場所についてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

メットライフドームの芝生席ってどう?

メットライフドームの「外野自由席」(いわゆる芝生席)は2018年を持って廃止となり、2019年からは「外野芝生指定エリア」「外野指定ベンチ」として設定することになりました。

今までは「外野自由席」として販売されていたエリアでは、自分が見やすい席を確保するために早くから行列に並び、場所取りをする必要がありましたが、全席指定席となりましたので、席確保の必要がなくなったのが大きな違いです。平日夜の試合は仕事があり並ぶことができない、外野席は入りにくい、といった人でも外野席を利用しやすくなりました。

「外野芝生指定エリア」は座席がないため、芝生上で観戦することになります。芝生上にシールにてエリア分けが行われ、1エリアにつき1名が観戦できるという形式になっています。

 1塁側ビジターの外野席はブロックが2つに分かれており、下段のグラウンドに近い側が「外野芝生指定エリア」、上段の通路に近い側が「外野指定ベンチ」となっています。

対してライオンズ3塁側の外野席はブロックが3つに分かれています。下段の内野指定席側が「外野芝生指定エリアA」、同じく下段のバックスクリーン側が「外野芝生指定エリアB」、そして上段の通路に近い側が「外野指定ベンチ」です。

メットライフドームの芝生席の指定席とは?

「外野芝生指定エリア」は指定席ですが椅子の設置はありません。芝生のままのため、決められたエリアの芝生に座る、もしくは立って観戦することになります。芝生上にシールにてエリア分けが行われ、1エリアにつき1名が観戦できるという形式になっています。

芝生に座る際にはシートなどの敷物があると便利です。この敷物に関しても観戦ルールが設定されています。芝生エリアに関しては、「横70センチ、縦100センチ以内の敷物で、自分のエリアをはみ出さないサイズ」という規定があります。

また、「自分のエリア内の前方約20センチは他のお客さまやスタッフ通行時にはスペースを空けて通路確保すること」ということも決められています。

座席と座席の間には短い線が引かれているだけですので、そこまで座席間の区切りは明確ではありません。試合に夢中になっていると線からはみ出してしまうこともあるかと思いますので、他の人の迷惑にならない範囲で観戦したいですね。

また、「外野指定ベンチ」は椅子が設置されている外野席です。椅子といっても内野指定席のような1人1人の個別の椅子ではなく、横に長いベンチです。1人分のスペースごとに仕切りの線が引かれ、席番号のシールが貼ってあります。

通路から芝生席に向かって、段々になっており、全部で5列のベンチが置かれています。下は芝生ではなく、コンクリートです。外野席でもゆったり座って観たいという人におすすめです。

スポンサーリンク

メットライフドームの芝生席でトイレに行きやすい席

 野球観戦する際に、そのドームでしか食べられないグルメを楽しみのもひとつの醍醐味ですよね。限定のグッズなどもチェックしておきたいところです。飲食店やグッズショップ、また試合観戦中にトイレに立つことを考えると、移動がしやすい席を選びたいですよね。

 外野席付近は通路に飲食店が多く並んでいるので、どの席でも飲食店までの距離は、内野指定席よりも近いと思います。グッズショップに関しても同じです。ですが外野席の中でもより通路に近い側を選択すると、移動がしやすいと思います。

トイレに行きやすいおすすめの席は「外野芝生指定エリア」では、内野席との境のエリアです。内野指定席の座席との間に通路が設けられているため、スムーズに上段通路へと移動することができます。「外野指定ベンチ」では、ベンチの一番端の席、通路階段に面しているエリアが良いでしょう。

 トイレの位置だけを考慮するのであれば、より入り口ゲートに近い席がおすすめです。メットライフドームのトイレは、入り口ゲートもしくは、飲食店が多く密集する内野指定席の上段エリアにあります。

外野席から一番近いトイレは、入り口ゲートにあるトイレです。そのため、トイレに一番近い席を選びたい場合には、「外野芝生指定エリア」「外野指定ベンチ」ともに、バックスクリーン側の通路よりエリアがおすすめです。トイレが近いだけではなく、試合後に帰宅するのもゲートが近いのでスムーズですよ。

まとめ

今回はメットライフドームでの野球観戦において、芝生席について、仕切りはあるのか、トイレに近い席の場所についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

応援団と一体となって盛り上がれるのが外野席です。大きな声を出したり、飛んだりはねたりしても周囲の観客の迷惑になることはありませんし、一番試合を身体で楽しめる座席です。全席指定席になったので、家族でまとまった席を確保できるのも嬉しい点ですよね。

ぜひご家族みんなで野球観戦を楽しんできてくださいね。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする