メットライフドームの内野指定席cビジター席のおすすめ!内野指定席sの見え方と比較!


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

家族で野球観戦いいですよね。お父さんお母さんはビール片手に盛り上がって、小さいお子さんはワンピースみたいに大きいユニフォームを着て必死に応援する、そんな光景をよく見ます。夏休みは特に小学生や中学生の観戦も増えますし、キッズ向けのイベントも多く開催されるので、お出かけスポットとしてもおすすめです。

そこで今回は、メットライフドームでの野球観戦において、内野指定席c ビジター席について、おすすめの座席、内野指定席cとsの違いを中心にお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

メットライフドームの内野指定席c ビジター席の雰囲気

メットライフドームの座席は、西武ライオンズの応援側が3塁側、対戦する相手(ビジター)の応援側が1塁側と設定されています。他の球場は1塁側をホームとすることが多いのですが、メットライフドームでは逆となりますので、注意が必要です。

内野指定席Cは3塁側、1塁側に設けられています。ビジター側は1塁側です。以前は内野自由席と呼ばれているエリアでしたが、内野席が全席指定席に変更になったため内野指定席Cという席になりました。

内野指定席Cは内野指定席の中で最も座席数が多いので比較的チケットが取りやすい場所です。会社関係や子どもの野球クラブなどの団体観戦が多いのも特徴のひとつです。

内野指定席Cビジター側は、相手チームを応援する人も一緒に座る席になりますので、席によっては隣に相手チームの人が座ることもあります。隣同士と聞くと、少しギスギスした雰囲気を思い浮かべるかもしれませんが、内野席でそこまで熱い応援をする人はいませんので、安心してください。

時には仲良くなってお互いのチームの選手を紹介しあったり、応援しあったりすることもあります。また相手チームの応援歌や応援グッズを間近で見ることができるので、楽しめると思います。

比較的野球観戦初心者が多い席ですし、座ってゆったりと観戦している人が多いので、おすすめですよ。

メットライフドームの内野指定席cでおすすめの座席

内野指定席Cは内野指定席の中で最も座席数が多いので比較的チケットが取りやすい場所です。メットライフドームの公式ホームページでは、シート別に色分けされた会場マップがありますので、参考にしてください。

内野指定席Cで一番オススメの席はブルペンの延長線上にある席です。ブルペンに面した座席は「ブルペンサイドシート」という別の席種になってしまいますが、内野指定席Cからも十分にブルペンの様子を観ることができますよ。ピッチャーの中に応援している選手がいる方には特におすすめです。

チームの応援歌や応援団の雰囲気を強く楽しみたい方には、内野指定席Cの外野側の席がおすすめです。すぐ横のエリアが外野席になっているので、間近で応援の様子を観ることができます。

またファールボールが飛んでくる可能性が高いエリアでもあるので、ファールボールをゲットできるチャンスもありますよ。内野指定席の中でも一番値段が安いエリアのため、お子さん連れの家族が多い場所という印象もあります。

また、内野指定席Cの上野外周道路には、飲食の売店やグッズショップが並んでいるため、お買い物にも便利な場所ですよ。内野指定席Cは一番広いエリアをもつ席種のため、購入する席の場所によって全く異なる試合の見方ができるので、好みの場所をぜひ見つけてくださいね。

スポンサーリンク

内野指定席sとcの見え方の違い

内野指定席Cは1塁側入場ゲートから近く、ブルペンの上付近まで範囲のある広いエリアです。座席の数が多いので、上段の席・下段の席・外野に近い席など選択肢が広がります。

対して内野指定席Sは、下段にはフィールドビューシート、上段には内野指定席Bがある、間に挟まれた位置の席です。席数は限られています。フィールドやベースにも近い席のため全体的には野球観戦をしやすい席です。

ですが、最前列の席となると、目線が多少低くなってしまい、かつネットやポールなどの障害物に目線を遮られてしまうため、見づらいと感じる方も多い席となっています。

座席の位置によっても異なるので一概には言えませんが、内野指定席Cは広い視野で外野の選手の動きをより楽しめる席、内野指定席Sはベースに近いため内野選手の動きをより楽しめる席と言えると思います。

飲食店やグッズショップを見たり、試合中にトイレによく立つなど移動が多い人は、移動しやすい内野指定席Cをおすすめします。ゲートにも近いので、試合後の帰宅もスムーズです。内野指定席Sは、試合中人の移動をあまり気にせず、ゆったりと観戦したい人におすすめです。

内野指定席C、内野指定席S共に座席の位置によって見方が大きく変わりますので、公式ホームページで座席位置をきちんと確認し、購入することをおすすめします。

まとめ

さて今回は、メットライフドームでの野球観戦において、内野指定席c ビジター席について、おすすめの座席、内野指定席cとsの違いを中心にお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

メットライフドームは広いので、選ぶ座席によってまったく異なる野球の楽しみ方ができます。熱心に応援したい人は外野席近く、ゆったりと応援したい人は内野指定席の中程の席、移動が多い人は内野指定席の通路側の席など、自分の観戦スタイルに応じて、快適な席を選んでくださいね。

ぜひ家族みんなで気持ちよく野球観戦を楽しんでくださいね。

野球観戦に関連する記事は次にまとめてあります。参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする