チーズドックが冷めた!冷めても伸びる?美味しい温め直し方法!


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/65155a951a61af8c570694ee7e62ffab2bd5e26ba5f55cb978f5b4fde0efc19f.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/65155a951a61af8c570694ee7e62ffab2bd5e26ba5f55cb978f5b4fde0efc19f.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

チーズドックといえば、出来立てのアツアツをその場で食べるのが最高においしい食べ方ですよね。長く伸び、トロトロになるチーズも、温かく、出来立てだからこそです。

でも、お家でゆっくり食べたい、まとめて買っておいてほしい時に食べたいというときもあります。そうなると、お店でお持ち帰りして食べるころにはすっかり冷めてしまいます。

冷めてしまったチーズドックはそれでも十分おいしいのか、また、あの特徴的な伸びるチーズは冷めても問題ないのかについて解説していきます。

せっかく食べるならおいしくいただきたいものですよね。再び温めて食べるときにはどういった温め方が一番おいしいのかについてもお伝えします。時間がたったチーズドックのおいしい食べ方、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

チーズドックが冷めた!美味しい?

チーズドックには様々な種類があります。衣だけでも米粉であったりポテトが入っているものなどの違いがあります。中身はチーズのみのものやウインナー、その他お店によってかなり個性的なものまであります。

お店が工夫を凝らして商品になっているチーズドックは冷めてしまってもおいしく食べることはできます。ですが、目玉のチーズは冷めることで硬くなってしまうので、トロトロのチーズが好きだという方はかなり物足りなくなってしまいます。

また、揚げてから時間がたつことで、衣のさくさく感も失われてしまいます。衣は時間がたつことで水分を吸い、しっとりとした触感になります。

買ってから食べるまでの時間が長ければ、べちゃっとした感触になってしまうこともあるでしょう。そうなるとおいしさは半減してしまいます。

トロトロのチーズが好きな方、さくさく衣が好きな方は、冷めてしまったままではなく、ひと手間加えてから食べるほうがおすすめです。

チーズドッグは冷めても伸びますか?

チーズドック一番の特徴であるチーズの伸びは、冷めてしまうことでほとんど伸びなくなってしまいます。チーズが伸びるのは温かいからこそ。冷めたままのチーズドックで、あの豪快な伸びを体験することは難しいです。

チーズがとろりと伸びるチーズドックを食べるには温め直して食べるほうがいいでしょう。

お店のチーズドックの保存方法

お店でお持ち帰りをしたチーズドックを、その日のうちに食べられないときの保存方法について紹介します。たくさん買ったときや、後日のお楽しみ用に残しておきたい場合は、冷凍保存がおすすめです。

一つ一つラップでくるんで冷凍しましょう。食べるときにはラップのままレンジで加熱して食べましょう。

スポンサーリンク

チーズドックを美味しく温め直す方法

チーズドックを温め直すにはレンジで数十秒加熱すれば問題ありません。あっという間にフワフワのチーズドックが完成し、伸びるチーズも復活します。

揚げたてのようなカリカリの衣がお好みの方は、さらにトースターで加熱するとカリカリの衣が復活します。お手持ちのトースターのワット数にもよりますが2分ほどが目安です。

物足りない時は状態を見ながら加熱時間を延ばしてみてください。

お店にチーズドックを買いに行けない人は?

とってもおいしいチーズドックですが、実はとても簡単にお家で作れるって知っていますか?お店のものはおいしいけれど頻繁に買いに行けないという方のために、お家で簡単に作れるチーズドックのレシピを紹介します。

大きさや中身を自由に変えることができるので、アレンジ次第では、お子さんのおやつにもなり、とっても便利です。さらに便利なところは、冷凍保存ができるところにあります。

週末の時間のある時にまとめて作り、その都度出来立てのチーズドックを食べることができます。

とても簡単な自家製チーズドックの作り方

お家で簡単に作ることができるチーズドックのレシピを紹介します。まずは材料です。一般的なものを紹介しますが中の具材はお好みで変えてみてもいいでしょう。

【材料】(一般的なサイズを4本作る場合)

  • さけるチーズ…2本
  • ウインナー(10cmくらいのもの)…2本
  • とろけるスライスチーズ…4枚
  • A ホットケーキミックス…100g
  • A 牛乳(または水)…80mlA
  • サラダ油…大さじ1(衣に加えることでサクサクになります)
  • パン粉…適量
  • サラダ油…適量(揚げるための油です)
  • 串(15cmくらいのもの)…4本

【トッピング】

  • グラニュー糖
  • ハニーマスタード
  • ケチャップ
  • その他お好みのもの

【作り方】

①竹串に半分に切ったウインナー刺します。

②さけるチーズをその上から刺します。
(チーズだけのものを作りたい場合、ウインナーは省いてください。)

③形を整える意味と、チーズ感をアップさせるために全体にスライスチーズを巻きます。
(そのまま次の工程に進んでも構いませんが一旦冷凍室で冷やすと衣が付きやすく成形しやすくなります。)

④Aの材料をボールに入れ、かき混ぜ衣を作ります。

⑤③を④の衣に付けた後にパン粉をつけ170度の油で約4分揚げます。
途中転がしながら揚げるのがうまく揚げるコツです。

揚げた後はしっかりさましてから冷凍保存しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回の記事をまとめると、以下のようになります。

  • チーズドックは冷めてもおいしいが、チーズは固まってしまっているのでおいしさは半減する
  • チーズドックのだいご味でもある伸びるチーズは温かい時にしかできない
  • いったん冷めたチーズドックはレンジで数十秒加熱すると元の温かいチーズドックになる。
  • カリカリの触感が好きな人はトースターの併用がおすすめ
  • 自宅でも簡単に作れるのでアレンジしたい人や頻繁に食べたい人は作ってみるのもアリ

冷めてしまっても簡単に元のおいしさに戻すことができるので、お家でもチーズドックを楽しみたい人は、少し多めにテイクアウトをするのもいいですし、思い切って自家製を作ってみるのもアリですね。

お店で食べるチーズドッグの人気店は次の記事にまとめてあります。参考になさってくださいね。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする