野球観戦で雨具のおすすめや服装,持ち物はコレ!


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

横浜スタジアムといれば、横浜DeNAベイスターズの本拠地です。青が象徴の大きなスタジアムで、よく野球以外にもコンサートなども行われていますよね。中華街もありますから、試合前などに中華街を楽しむことができるのも良いところですよね。

横浜スタジアム、通称ハマスタは屋根がありませんので、雨対策が必要なスタジアムです。せっかく楽しみにしていた野球観戦は、雨でも快適に楽しみたいですよね。

そこで今回は、横浜スタジアムでの野球観戦において、雨具のおすすめ、観戦時の服装、役立つ持ち物についてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

野球観戦の雨具でおすすめは?

 横浜スタジアムは屋根のないスタジアムです。雨が降ってしまった場合には、雨対策をしてそのまま座席で観戦するか、屋根がある売店フロアなどに行ってモニターで観戦するかのどちらかになります。

試合終盤になると屋根のあるところに避難する人も多いですが、せっかくですから、座席で球場の雰囲気を感じながら観戦したいですよね。

基本的にスタジアム内では傘の使用は禁止されています。周りの席も近いですし、傘の先が人に当たると危険ですから、傘は使用しないようにしましょう。

そのため、観戦時に便利な雨具は、カッパ・レインコート・ポンチョになります。事前に購入して持っていってもいいですし、雨の日はグッズ売り場にチームグッズとしてポンチョが置かれていることが多いですから、現地で調達するのも良いですよ。

少しお値段はお高めですが、チームの応援カラーでオリジナルデザインのものですから、1枚持っていても損はないと思います。服が濡れにくいのは上下に分かれた形のカッパですが、雨の中狭い座席で着替えるのは難しいです。

そこで私のおすすめは頭からすっぽりと被ることができるポンチョです。大人だけではなくて、お子様も着やすいですよ。少し丈が長めのものを持っておくと、足元までカバーできるため、多少なりとも濡れるのを防いでくれます。

野球観戦の雨の時の服装

 楽しみにしていた野球観戦が雨だとちょっと残念な気持ちになりますよね。試合中は応援に熱中していても、試合が終わると身体がぐっしょり濡れていて冷えてしまった、ということもよくあります。雨に濡れても大丈夫なような服装対策も重要ですね。

 試合開始前から雨の予報が確実である場合には、ウインドブレーカーのような撥水加工のある服を着ていると便利です。最近ではある程度の水滴を弾いてくれるもので、小さくまとめられるタイプの服が多く売られていますから、そういったものを1枚カバンに忍ばせて置くと役に立ちます。

足元は濡れても履き替えができるように、替えの靴下があると良いでしょう。もしくはビーチサンダルなどの濡れても大丈夫なサンダルを持参するのも良いかもしれません。女性の方は、スカートやヒールは避けたほうが無難です。

 季節にもよりますが、野球観戦は長時間になりますから、雨の中ずっと外にいると思っている以上に身体が冷えてしまいます。雨対策と共に防寒対策も重要です。

私は冷える時期にはズボンの下にタイツを重ね履きしたり、使い捨てカイロを持参したりして、防寒対策しています。レインコートを着ていても足元は濡れてしまいますから、特に女性の方は足の冷え対策があると良いでしょう。
 

スポンサーリンク

野球観戦で雨の時に便利な持ち物

 雨の中の野球観戦で役立つ持ち物は、基本的なものとしてはタオル・大きめの荷物が入るビニール袋・ビーチサンダルなどです。

特に座席に置く荷物は雨が直撃しますから、必ずビニール袋に入れることをおすすめします。お財布やスマホなど濡れて困るものは二重に袋に入れても良いと思います。タオルも何枚か持っておくと重宝します。

 それ以外にあったら便利なものは、まずは衣類圧縮袋もしくはジップロックなどの密閉できる袋です。圧縮袋は手動で空気が抜けるものが良いでしょう。

雨に濡れた衣類やポンチョは脱いだあとに小さく畳むのが難しいですよね。そこで密閉できる袋に入れて空気を抜けば少しでもカサを減らすことができるので、持ち帰る時に便利です。カバンの中が濡れてしまうのも防ぐことができます。

次におすすめするのは、ビニール製の折りたたみクッションです。これは普段の晴れているときでも利用できる座席に置くクッションです。イスは固くそのまま座るとおしりが痛くなりますから、クッションがあると良いですよ。

雨の日にはよりイスが冷えていますから、なおさらです。ビニール製のものであれば天候問わず使用できますのでおすすめです。最近では小さく折り畳めることができるものが多く売られていますから、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

さて今回は、横浜スタジアムでの野球観戦において、雨具のおすすめ、観戦時の服装、役立つ持ち物についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

雨の中でも気にせず野球観戦を楽しむためには事前準備をしっかりとしておくことをおすすめします。雨の日観戦グッズとしてひとつのカバンを作っておくと、当日それを持って行くだけで良いので、便利ですよ。晴れていてもポンチョ程度はいつもカバンに忍ばせておきたいですね。

ぜひ雨の日でも快適に野球観戦を楽しんでくださいね。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする