メットライフドームの座席に大きな荷物は持ち込みできる?荷物預かり出来るところ


Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

Warning: imagejpeg(/home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/uploads/pz-linkcard/cache/a7028fa3a0e4182e73eb17720174f9368ce037d91f464a319ea533dd7ac6629b.jpeg): failed to open stream: No such file or directory in /home/maruminn/nitijyouseikatu.com/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 2092

メットライフドームへ野球観戦に行く場合、スーツケースのような大きな荷物がある時荷物は座席まで持ち込むことが出来るのでしょうか。

どうしても大きな荷物を持って行かなきゃいけないときってありますよね。大きな荷物を持ちながらの移動は大変ですが、野球観戦も楽しんでくださいね。

今回はメットライフドームでの野球観戦において、座席に荷物の持ち込みは可能か、荷物預かりについて、持ち込み荷物の制限についてお伝えします。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

メットライフドームでは座席に荷物を持ち込める?

メットライフドームへの荷物の持ち込みは、「自席範囲を超えるサイズの大きなお手荷物(キャリーバッグ・スーツケース・楽器等)」は禁止されています。基本的に大きな荷物は持ち込めないと思ったほうが良いかと思います。

メットライフドームの座席のサイズは場所によって異なります。一般的な内野席は座面が平均40センチ四方のサイズです。足の下に荷物を入れることもできますが、あまり広くはありませんから、普通のリュックをしまうのもちょっと難しいレベルです。

外野席に関しては、持ち込めるレジャーシートのサイズが横70センチ縦100センチ以内と決められていますので、そのサイズが座席幅と思って良いでしょう。

外野席は今年から完全指定席化されましたので、外野でも一番後ろの端っこの席などであれば、邪魔にならず置ける可能性もあるかもしれません。また、複数人で使用するボックスシートや広めのシーズンシートであれば、もしかしたら大きな荷物も持ち込みができるかもしれません。

ボックスシートの入り口は通常の内野・外野席入り口とは別に設けられていますので、その入り口にいる担当係員に相談すると良いでしょう。

大きな荷物は他人の通行の妨げになるため持ち込みができないということになっていますから、ボックスを貸し切る席であれば相談の余地があると思います。

メットライフドームで荷物預かりはしてもらえますか?

 メットライフドームでは、荷物預かりのサービスはありません。ベビーカーであれば預かってもらえますが、通常のスーツケースなどの荷物は預かってもらえませんので、注意が必要です。

球場内に持ち込むことも難しい場合が多いので、事前にコインロッカーなどに預けることが無難だと思います。

 残念ながらメットライフドームの中にはコインロッカーは設置されていません。一番球場の近くにあるコインロッカーは、西武鉄道西武球場前駅の構内にあります。通常サイズから大きなサイズまで大体50個ほどのコインロッカーが設置されていますから、そちらを利用することをおすすめします。

アーティストのコンサートなどが行われる場合にはこちらのコインロッカーもすぐに埋まってしまうのですが、野球観戦であれば、全部が埋まってしまう心配はそこまで無いと思います。不安であれば少し早めに駅に着いて、コインロッカーを確保しておくと良いでしょう。

もしくは途中立ち寄るターミナル駅にあるコインロッカーに事前に荷物を預けてからメットライフドームへ来るのも良いかもしれません。野球観戦がある日には、西武線はとても混み合います。

電車もホームもとにかく人で溢れますから、大きな荷物を持っての移動は難しい状況になります。必要最低限の荷物だけもってメットライフドームを訪れる方が身軽で良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

メットライフドームに持ち込む荷物に制限はありますか?

 メットライフドームへの持ち込みで禁止されているものは以下のとおりです。

「自席範囲を超えるサイズの大きなお手荷物(キャリーバッグ・スーツケース・楽器等)」

「応援ルールで定める規定外の旗、および横断幕、トランペット、太鼓、カネ、笛等」

「危険物(銃、刃物、花火、爆竹、危険薬物)、他のお客さまに迷惑を及ぼすおそれのあるもの(著しい悪臭を放つ物、大音響を発する物等)」

「ペット (補助犬を除く)」

入場後でも持込み禁止物の所持を確認した場合には危険物に関しては退場、他の禁止物は入場ゲートにて預けることになりますので、注意が必要です。

 基本的な荷物に関しては、容量などは明記されていませんが、自分の席の幅を超えないサイズまでは持ち込みすることが可能と覚えておくと良いでしょう。

大きなサイズのスーツケースや大きなバッグなどはおそらく入場時に制限がかかると思いますので、事前にコインロッカーなどに預けておくとスムーズに入場することができますよ。

球場内は多くの人が行き交いますし、座席も思っている以上に狭いところが多いですから、なるべく手荷物は少なくしたほうが快適に野球観戦を楽しむことができるでしょう。

まとめ

さて今回は、メットライフドームでの野球観戦において、座席に荷物の持ち込みは可能か、荷物預かりについて、持ち込み荷物の制限についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 野球の応援は長時間に渡りますから、立ち上がったり、売店に行ったりと席を外す機会が多くなります。自分だけでなく、周囲の人が移動する機会も多いので、移動がしやすい空間を作ることがお互いのためになると思いますよ。

なるべく持ち込み荷物は少なくして、身軽に野球観戦を楽しんでくださいね。

野球観戦において、チケットの購入方法から座席の種類、飲食の持ち込み方法などは次の記事にまとめてあります。参考になさってください。

スポンサーリンク
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする